投資競馬はギャンブルの要素を極力減らす

投資競馬とは競馬はギャンブルであるわけでなく楽しみながら競馬ファンがやろうとしているというわけではなく、財テクのような形で資金運用して行く、と言う事を目的で競馬を行うことを言います。
競馬において資金の運用の多様化、効率化を図ることで、利益につなげていくというような形です。
結局のところ勝つことを狙うという点においては普通にギャンブルをやっていることと大差ないという考え方もあるのですが、その勝馬投票券を購入しようとすることに対して勘とかその馬のファンだからといったようなことで買うのではなく、確率論的にこれが正しく可能性として高い買い方であるというのを計算した上で行うというのが投資競馬の根本であると言えるでしょう。
現在では多少おすすめできない要素もあったりしますが倍付け法なんてものは昔からあるやり方ですし、複勝ころがしというのも昔から行われている競馬を単純に楽しむというやり方ではなく、利益を完全に目的とした特殊な賭け方のやり方となります。
これも投資競馬の一種と言えるでしょう。
今現在主流ともいえるような投資競馬の手法としてあるのが際立って大量のデータを活用したデータ分析による予想となります。
基本的にはデータを使って予想をするということ自体はそれほど珍しいことではないです。そもそも普通に予想をするときにもその馬のデータなどがのって他の馬との兼ね合いも考え着順を予想するというのは普通にギャンブルとして競馬を楽しんでいる人でもよくある話なわけです。
しかし、それは自分の頭の中とかで元の手帳で書いてあるデータとか新聞のみに依存したデータというようなことがほとんどです。
あまりにも多すぎるデータは逆に予想をする時には無駄になることが多いということでギャンブラーな方々は極端に多くの情報を入れないということもあえて行っていたりするのですね投資競馬ではそれはないです。
つまりは、それはコンピューターを活用したデータ分析というのを行うのが最近の投資競馬であるからです。
それは既存のソフトであるということもありますし、ソフトの設定を自分で変更したりすることで自分の競馬理論を意識したデータ競馬を行うこともできたりするのです。
投資競馬とはあくまでギャンブルとしての楽しみを極力減らし、不安定な要素、不確実な要素を削ぎに削いで、データに基づいて確率的に勝てる勝馬投票券を購入していく、ということが投資競馬なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です