動画ビジネスとしてやるべきこと

動画配信をビジネスというのはどこの動画投稿サイトを利用するのかということによってなかなか難しいことも多くなっては来ています。 ガチガチの企業が動画を配信するコンテンツを作ってやるというのではなく、個人が動画を作成してそれをアップロードすることによって収入を得る、というのであればYouTubeなどで動画を配信してそこに広告がつくことを期待するというのがベストです。 広告がつくまでの条件というのがあってチャンネル登録者数とか総再生時間などが決められています。絶対的な条件というわけではなく、よく改正されたりもしています。 条件が緩くなるということがほとんどなく、特にYouTubeなどでは日々収入を得るための条件というのは厳しくなってはきています。 YouTubeも良いですしDailymotionでも良いですし、最近ではトップバズというところも注目を浴びているところになります。基本的にどのようなタイプの動画が人気なのかということをその動画サイトに合わせて考えてみたと意外なほどアクセス数が増えたりということもあります。 動画配信ビジネスにおいで気をつけなければならないことには著作権です。音楽もそうですし、絵、あるいは他の動画を使うという時などに著作権などにはものすごくきちんと配慮した方が良いです。 さてどんな動画を投稿するべきであるのかということですが一度きりのものすごい動画を作るというのも悪くはないのですが、継続的に配信、投稿し続けることができるという前提で企画した方が良いでしょう。 ですから、なにかしらの実況動画とか何かを作ってみる動画とかシリーズ的にやっていけるようなものが良いです。 どんなビジネスでもそうなのですが基本的に継続性があるということがとても重要なことになりますのでそこはよく理解しておきましょう。 動画ビジネスは当たり前ではありますが収入としては広告収入になります。ですが、具体的になにかを売ろうとする動画を出すというのも悪くないです。 極端な話、面白い動画であれば動画配信ビジネスとして成り立つということになりますから、そこまで動画のジャンル自体には拘ることはなかったりもします。ですが、やはり継続性がとても大事になるということは間違いありませんから、一発ネタではなく、その後も同じようなジャンルで動画を投稿しつづけることができることを前提に企画を立てるようにしたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です